診療科目と料金表

インプラント

失った歯の代わりに人口歯根を顎に埋め込み、3ヶ月から6ヶ月後、骨とインプラントが結合したら、アバットメントという軸を装着してそれを土台に、歯をかぶせて、咬合を回復する治療法です。

 自分の歯と同じような外見、感触、機能を回復し、入れ歯のような違和感もなく、また隣の歯を削ることもないので、残った歯に負担がかからないことが魅力です。



適応症
インプラント体を埋める歯槽骨の高さが充分にあることが良い条件になります。
但し、歯槽骨の高さを増やす術式がありますので、適応症は広くなっています。

インプラント治療の流れ
1.麻酔をかけて顎の骨にインプラントを入れる穴をあけます。 2.穴に中にインプラントを埋め込みます。 3.インプラントが顎の骨と結合し固定される期間を置きます。(3~6ヶ月:個人差があります。) 4.2回目の手術でインプラントを露出させます。 5.アバットメントをインプラントに装着します。 6.クラウンをアバットメントにかぶせて完了です。

※インプラントはバイコン社のものを使用しています。

インプラントの注意点
良いことずくめのインプラントですが、全てが解決する訳ではありません。
  • 治療費は、自費となります。
  • 歯周病と同じ原因で、インプラント歯周炎になります。口腔ケア、とくにインプラント周囲の歯磨きが不十分な場合、インプラントの脱落が起こります。
  • 過大な咬合力がかかるケースや、歯槽骨を大きく失ったケースでは、インプラントを行っても、良い結果がでない場合があります。そのようなケースでは、他の処置を選択することもあります。